2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.09.29 (Sat)

鈴木亜久里 「2008年の計画は未定」

鈴木亜久里は、来シーズンもアンソニー・デビッドソンと佐藤琢磨を残留させたがっているが、スーパーアグリの計画が決まっていないことを認めている。
チームはさらなるスポンサーシップを必要としており、2008年にはホンダとの関係がどうなるのか疑問視されている。というのも、チームにカスタマー・マシンの使用を認めるはずのコンコルド協定が依然として同意に至っていないからである。
佐藤とデビッドソンはいずれも今シーズン、番狂わせのパフォーマンスで強い印象を与えている。
鈴木は「まだ決めていません。でも現在、いくつかのことは話し合っているところです」と述べた。
「タクとアンソニーには是非我々のチームで引き続き走ってほしいのですが、まだ決まっていません」
鈴木は、スーパーアグリは至急さらなる資金を見つける必要があることを認めたが、チームを売却するのではなく投資家を求めていると主張した。
「資金面は非常に大変です。スポンサーを見つけるのにとても苦労するでしょう」
「スポンサーとしてだけでなくパートナーとしても話し合っています」
「チームを売るつもりはないので、複数の優れたパートナーを見つける必要があります」
「現在ホンダがチームを助けてくれていますが、資金面や技術面については、いろいろと理由があって他のパートナーにお願いしなければなりません」
ホンダは、2005年末に鈴木がチームを設立するのを助けて以来、スーパーアグリを経済的・技術的にサポートしている。
ホンダレーシングの和田康裕社長は、同社は来年もスーパーアグリに喜んで協力すると述べた。
「エンジン、ギアボックスなど、あらゆる技術的サポートをするつもりです」
「状況によりますね」
「できるだけ彼をサポートしたいと思っています」
「彼次第ですよ」
しかし鈴木は、コンストラクターズ・マシンとカスタマー・マシンに関する規約が最終決定されるまでは、2008年の計画に着手することができないと述べた。
「コンコルド協定がまだ決まっていないので、今この件を話し合うのはとても難しいですね」
「コンコルド協定が決まれば、将来について討議することができます」

-Source: ITV-F1F1通信

これを読んで、正直不安になってきた・・・。
ウチ等でも出来ることってないものでしょうか?
スポンサーサイト
13:54  |  2007 SAF1 プレスリリース  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://lovemokkunroom.blog98.fc2.com/tb.php/42-22ee0052
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。