2017年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.05.07 (Wed)

鈴木亜久里さんのことば・1

昨日、都内で行われた緊急記者会見にて収録されました亜久里代表の
ことばをキンダーガーテンさんより拝借し掲載させて頂きます。
結構泣けてくるんですが、よろしかったら御覧くださいませ。


1、<冒頭のあいさつ>
「連休の忙しい中お集まりいただきましてありがとうございます。
昨日急に、案内を出して今日こうした緊急記者会見ということで
お集まりいただいたわけですが、後ほど配布するプレスリリースの中の
私のコメントを最初に読ませていただきます」。
「鈴木亜久里から。F1チームオーナーになるという私の夢を実現すべく、
2005年11月にF1エントリー申請をし、2006年よりスーパーアグリF1チームとして、
2年4カ月にわたりF1の世界で闘ってきましたが、本日、その活動の終止符を
打ちたいと思います。多くの自動車メーカーが参戦しているこの世界で
プライベーターとして戦いを挑み、昨年はチーム参戦から僅か22戦にして
初ポイントを獲得して、ランキング9位となる快挙を達成することができました」。
「しかし、昨年シーズンからパートナーとして一緒に闘っていくはずだった
SSユナイテッド・グループ・カンパニー・リミテッドの契約不履行により、
チームは経済的バックボーンを失い、経営は非常に厳しい状況に追い込まれました」。
「また、カスタマーカーに関する方向性の変化など、チームを取り巻く環境変化もあり、
チームは新たなパートナー探しを精力的に続けてきましたが、その活動は難航しました。
その間、ホンダから支援を受けながらなんとか今日まで持ちこたえてくることができましたが、
現在のF1を取り巻く環境の中で今後も安定的に活動を継続していく目処がたたず、
本日、F1から撤退するという苦渋の決断をすることになりました」。
「これまでチームを支えてくれたホンダ、ブリヂストン、そしてスポンサーのみなさま、
いろいろな状況の中でアドバイスをいただいたF1関係者のみなさま、
チームが苦しい状況の中でモチベーションを絶やさずに働いてくれたチーム・スタッフ、
厳しい状況の中でも頑張ってくれたアンソニー、そしてチーム立ち上げから一緒に戦い、
チームを引っ張ってくれた琢磨、そして、これまでF1を応援していただいた
世界中のファンのみなさまに感謝をしたいと思います。ありがとうございます」。
「以上がプレスリリースの内容ですが、付け加えたいことがありますので、
お話しさせていただきます」。


2、<2年半のチーム活動について>
「思えば2005年の11月1日にチームを立ち上げると発表した時も、
ボク一人でこういう壇上に立って立ち上げる発表をさせていただきましたが、
終わる時もまた一人かな、と(笑)。ということですが、今は、一緒に闘ってくれた
スタッフ、ドライバー、そしてファンのみなさまがボクにはついているので、
2005年の11月1日とは違う状況になっています」。
「そういう中で、F1チーム・オーナーになる、自分がF1チームを持つという
自分の大きな夢に向かって邁進してきました。本当に短い時間の中で、
人を集め、会社を作り、クルマを作って、2006年開幕のバーレーンに
来ないのではないかと言われる中で、本当にファンのみなさまの応援や
スタッフの努力によって、ミラクルを達成することができして、
ボクは本当に幸せだと思っています」。
「振り返るとアッという間の2年半で、発表したのが昨日のように思い出されます。
そういう中でチームを立ち上げ、一歩ずつの進化だったのですが、
2006年の最終戦では、佐藤琢磨がブラジルGPではレースをしながらの
10位トップ10完走のいい仕事をしてくれたということが頭に残っています」。
「その後、2007年、プレスリリースにもあるように、SSユナイテッドという
会社とのスポンサー契約で、パートナーとして進んでいくはずだったのですが、
急遽の契約不履行ということで、シーズン途中からの資金難が続いて、その後、
数十という、どれだけのパートナーと話をしたか分からないくらいの世界のいろいろな
ところを飛び回って、いろいろな会社と話を進めてきましたが、それがうまく
まとまらないままここに至ったわけです」。
「振り返ると、自分自身の夢ということよりも、F1の中に日本のチームが
あるとういことが、これからF1を目指す日本のドライバーに二つのシートを
与えて上げられるのではないかと思い、ボクもF1に行きたいという大きな
夢を持ってレーシングドライバーをやっていてここまで来たので、
ボクのチームの二つのシートがあれば、若いドライバーの目標にもなるし、
活躍する場所ができるという思いを込めてチームを作りました」。
「その中で、佐藤琢磨と2006年に急遽クルマを作り、最初はまっすぐ
走らないようなクルマでしたが、それでも琢磨はなにひとつ文句を言わず、
“亜久里さん頑張りましょうね。このクルマでも何でも、ボクは、闘っていきますよ”
と言ってくれました。今ここにきて思い出すと、どれだけ苦しくても彼はボクに
一言も文句を言わなかったし、いつもポジティブに、ボクにもパワーをくれて、
“亜久里さん、絶対、頑張りましょうよ、絶対に負けないですからボクは”と言って・・・
(しばし涙声で言葉に詰まる)・・・レースをやってくれたことは、嬉しかったです。
アンソニーも、本当に早いドライバーで苦しい中でいいレースをしてくれました」。
「みなさんの記憶に新しいと思いますが、昨年のスペインGPでルノーと熾烈な
戦いの中で佐藤琢磨が1ポイントを上げ、カナダ・グランプリではトヨタの
ラルフ・シューマッハを抜き、マクラーレンのアロンソを抜いて6位入賞という
自分たちでも信じられない結果を出してくれたということで、これだけ世界の
トップの自動車メーカーが闘うF1の中で、よくお話したように、ジェット戦闘機の中に
竹槍もって闘いを挑んでいるのが2006年で、2007年は、ジェット戦闘機にゼロ戦で
闘いを挑んだかな、とうい感じでした。その中でそういう結果を出してくれた
二人のドライバーに感謝したいと思っています。また、ファンのみなさまや、
ここにお集まりのF1関係者のみなさまにいい記事を書いていただいたし、
こんな小さいチームを応援してくれるみなさんがいてくれて幸せだと思いました」。


3、チーム活動休止の経緯を追記して掲載いたしております。
人気blogランキングへ
mokkun.gif


【More・・・】



3、<チーム活動休止の経緯>
「チームがこれ以上続けていけなくなった経緯をお話します。
最終的にみなさんがご存じのように、最大のポイントは、マグマ・グループとの
契約が成立できなかったことでした。マグマと話を始めたのは2007年の
モンツァ(9月のイタリアGP)の時から始めました」。

「他にも何社かと話をしていたのですが、最終的にマグマと進めることが一番
確実ではないかということで真剣な話を始めました。本当に、今年のグランプリ開幕の
オーストラリアGP直前にいろいろなことが決まって、(開幕戦のメルボルンに)なんとか
クルマを持って行けることになったのですが、そこから2カ月半くらいですね、
いろいろな要件を進めてきましたが、前回のスペインGPの前に、1通の手紙で
“今後はスーパーアグリとの話はできない”と言われました」。

「この2カ月間、話をしてきた中で、どういう内容で、なにが問題で、どういう状況で
終わってしまったのか説明がないまま、(数行の手紙だけで)そういう結果になりました。
そこから1週間、みなさんもその後いろいろ報道されていますが、
ヴァイグル・グループとの交渉もしてきましたが、なにせ、1週間でどうなるわけでもないし、
いろいろな話を進めましたが条件的にもいろいろツメなければならないということで、
条件面での食い違いもあってタイムオーバーになり、今回のトルコ・グランプリには
間に合わない、ということでチームを続行できないことが決定しました」。

「そういう中で、ホンダ、ブリヂストン、そして数多くのスポンサーのみなさまが
ここまで支えてくれましたし、短い2年半だったと思いますが、非常に内容の
濃いレース活動ができたと思うし、期間は短いながら印象に非常に強く残る
思いができました」。

「ボクとしては、悔いはないし、感謝の気持ちだけでこうして会見を
させていただきました。本当に2年半、ありがとうございました」。
スポンサーサイト
15:05  |  2008 プレスリリース  |  TB(2)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://lovemokkunroom.blog98.fc2.com/tb.php/130-99d3a0cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

スーパーアグリ撤退。

2008年5月6日16時に、鈴木亜久里代表は撤退表明の記者会見を行いました。 と
2008/05/08(木) 19:18:07 | ルビーと石ころ

f1 佐藤琢磨

忙しいあなたのダイエットに『Bella』!【注目の話題の情報集】にようこそ!佐藤琢磨「反撃」商品価格:1,500円レビュー平均:5.0テレパシーフロストクォーツ×アメジスト ブレスチャージ内容:メビウスの帯 ⇒ 詳細ページへ 【スーパーアグリF1撤退】佐藤琢磨の今後レス
2008/05/08(木) 04:10:34 | 注目の話題の情報集

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。