2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.03.30 (Sun)

2008 IRL 開幕戦 マイアミ

◇◇◇やっと繋がって更新できました!(滝汗)◇◇◇


世界で活躍する日本人は、

ここにもいる!!



武藤「リラックスして予選に臨むことができた」(29日)

こちらIRL(インディ・レーシング・リーグ)の情報はF1以上に乏しく、
地上波放送は私が捜したところでは皆無。
唯一、CS放送(GAORA)でのみ再放送を含め録画だが放送される。
こんな日記を書いている最中に、決勝はスタートしている。
我らがも武藤英紀も開幕から好グリッドを獲得し
決勝に挑んでいる。

【More・・・】



185993_0.jpg web_big.jpg
武藤英紀、開幕戦マイアミの予選を9番手で発進
<2008 IRLインディカー・シリーズ 第1戦マイアミ
 GAINSCO AUTO INSURANCE INDY 300>

【日程】2008年3月28日~3月29日
【開催地】アメリカ・フロリダ州マイアミ
【サーキット】ホームステッド・マイアミ・スピードウェイ
【距離】オーバルコース:1.485マイル(2.389km)


■■■3月28日 予選■■■
【天候】快晴/気温25℃
【時間】午後6時30分~(日本時間29日7時30分~)

暑さの中でのプラクティス1回目
 合同テストから約1カ月が経過。フロリダ州最南端に近いホームステッドは、すでに初夏といっても良いほどの気候だ。プラクティス2回と予選が行われる金曜日は、朝から強い日差しが照りつけ、気温と路面温度は瞬く間に上昇していた。
 午前11時30分、今シーズン最初の公式練習がスタートする。武藤英紀はこのセッションで6番手につける好タイム、25秒1729をマーク。合同テストで2日間走り込み、つかんだセッティングのよさがあらためて確認された。

決勝用セッティングに集中
 午後4時に始まったプラクティス2回目、武藤のベストラップは25秒9420。だが、これは燃料タンクを満タンにして決勝に向けての走行を繰り返していたため。明日の決勝に向けたセッティングの確認に集中していたのだ。合同テスト時と比べて、気温・路面コンディションともに高くなっていたため、思うようにタイムを縮めていくことはできなかったが、エンジニアリングスタッフも武藤自身も、暑さに惑わされてセッティングを乱さないように注意を払っていた。

夕暮れ迫る中でのシーズン最初の予選
 午後6時30分に予選が始まった。すでにアメリカではサマータイム期間に入り、まだ十分に明るいなか最初のアタッカーがコースイン。ふたりのドライバーがアクシデントを起こしたこともあり、後半にはコースを照らすライトが点灯された。武藤は、その光に照らされながら、エントリー25台のうち18番目に予選アタックへと旅立っていった。

 今シーズンからインディカー・シリーズの予選は4周の連続アタックで平均速度を競うものに変更。昨年までのように計測2周のうちベストタイムが採用される方式と比べると、より安定感の高いマシンセッティングが求められ、ドライバーに許されるミスの範囲も狭められている。しかも計測に入る前のウォームアップ・ラップは、今回のレースでは1周のみと決定されたため、コースイン直後、まだタイヤが十分に温まっていないうちから一気にスピードを上げるテクニックと勇気が必要となった。

 アタックの順番を待つ武藤がコクピットに納まったあと、ダン・ウェルドンのアクシデントが発生。「路面コンディションが予想している以上に変化しているのではないか?」といった不安がルーキーの武藤を襲う。しかし、武藤は高い集中力を維持するべく心がけ、アタックの時が訪れるのを待った。注目のウォームアップ・ラップで25秒8092をマークした武藤は、計測1周目25秒3043、2周目25秒2639、3周目25秒2708、そしてファイナルラップ25秒2634で、4周平均25秒2756、平均211.508mph(340.389km/h)を記録した。この時点で武藤は6位にランクイン、その後7台のマシンがタイムアタックを行った結果、最終的に9番手グリッドが与えられることとなった。

■■■コメント■■■
武藤英紀
「コンディションの変化に気をつけながら
 リラックスして予選に臨むことができた」
「予選でトップ10に入ることをターゲットにしていたので、自分の中での目標はクリアできたのではないかと思います。緊張をしていたようにも感じましたが、実際には意外とリラックスして予選に臨むことができました。開幕戦ということで、僕らは比較的リスクの少ないセッティングにしていました。しかし、バランスが取れ過ぎていたようなところもあって、予選では思ったよりスピードが伸び切らなかった。もっとアグレッシブにしても良かったのかもしれません。プラクティス2回目には燃料を満タンにしてレースのシミュレーションを行いました。予選も終わって、いまはクリアな気持ちです。明日も夜のレースまで時間があるので、まずは美味しいものを食べて、ゆっくり寝たいと思います」

レイ・ガスリン:レースエンジニア
「レース重視でプログラムを進めていた。予選9位は素晴らしい結果」
「予選9位は素晴らしい結果だと思う。僕らは予選用セッティングをせず、決勝用そのものと言っていいマシンで予選を走ったんだからね。今日のプラクティスでもレースに狙いを絞り込み、予選シミュレーションに時間をさかないことにした。ダウンフォースとドラッグを削れば、もっと良いタイムを出せたことはわかっている。しかし、今回は僕らにとってヒデキとの初レース。予選での上位進出よりも大事な目標がある。開幕戦は最後まで走り切り、長いシーズンを戦っていくための基礎を築かなくてはならないのだ。次のオーバル戦となるツインリンクもてぎでは、ヒデキのマシンにも予選用セッティングを施し、積極的に戦うつもりだ。明日のレースは、今日の後半と似たコンディションになるはずだから、その条件で走ったことが必ずや大きく役に立つものと確信している」

formuladream-indy公式ウェブサイト (formuladream-indyプレスリリース)

main_bg-sakujo.gif
人気blogランキングへ←只今、ブログランキング参戦中。ワンクリック戴けると嬉しいっす♪
mokkun.gif

スポンサーサイト
09:48  |  2008 IRL プレスリリース  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://lovemokkunroom.blog98.fc2.com/tb.php/109-3f2c3d25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。