2017年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.08.23 (Sat)

亜久里 あくなき挑戦-後編-


前回のつづき・・・。

---逆にやりがいの方が強かった?
亜久里:有りもののチームを買って、チームを立ち上げたわけじゃないからね。
オレ1人でイギリス行って、そこから工場を決めて、スタッフを集めて
クルマを造ってって・・・。本当に真っ白い紙に一本の線から絵を描いた
ようなものだから。最初はF1の経験ないメカニックもいっぱいいた。
でもそのメカニックたちがどんどん成長していって、チームもますます
まとまっていった。
皆の頑張りと成長を手にとるように実感できた2年半だった。


---スーパーアグリの撤退で、カートからF1までを網羅する育成
プロジェクトも喪失した

亜久里:それが大きなポイントだったからね。それは残念。
だからARTAの国内プロジェクトは、やっていきたいと思っている。
F1と違って国内はまた別ものだから。ゴーカートのイベントも今年で
11年となり、本当に小さかった子供たちが立派な青年になりつつある。
スーパーアグリはなくなったけど、ARTAのプロジェクトで育ったドライバー
がF1ドライバーになってくれたら嬉しいねぇ~。もちろんオレ以上に、
その子供たちに頑張ってもらわないといけない。オレたちもできる限り
のことはやっていこうと思っているが、最後は自分の力でシートを勝ち
取っていかないといけないわけだから。

---ARTAを立ち上げたころは、明確な育成プログラムは
国内に存在してなかった

亜久里:一口に11年というけど、長いよね。始めたころに37歳だったオレも
今年48になるんだから。でもまだまだ続けられる限り、このプロジェクトは
続けていく。還暦まで?それは分からないけど、やれるとこまでやっていきたい。

スポンサーサイト
06:51  |  ARTA  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.08.22 (Fri)

亜久里 あくなき挑戦-前編-

8月20日付けのトウチュウ紙面に、亜久里さんのインタビューが
掲載されていました。
これは、先週末もてぎで行われたカートイベントを行なったときの
取材のようです、元気な亜久里さんの写真も掲載されています。
06:03  |  ARTA  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。