2017年09月/ 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.03.21 (Sat)

49回目のバースデー

って、私ではありません・・・(苦笑)。










スポンサーサイト
10:17  |  アイルトン・セナ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.05.01 (Thu)

F1 サンマリノGP

今シーズン、サンマリノGPは開催されません。
ちょっと寂しい限りですが、本日5月1日はアイルトン・セナが
94年のサンマリノGPで亡くなられた日です。
あれからもう14年になるんですねぇ~早いものです。

恐らく、ブログを始めてから欠かさずにこの日記をアップしている
気がします。でも、そのブログ自体が無くなっているので、記事も
一緒に無いですが・・・。

現在のF1で走る若手ドライバー達。ハミルトンやピケJr.もセナに
憧れたときがあったでしょう。もちろん琢磨も♪
こんなに長く愛され、憧れとなるようなドライバーってなかなか居ませんよ。
ミハエルも記録を塗り替えていってはいますが、そういった面では
セナに敵うことはないでしょう!!

これからも、ドライバーたちはもちろん。私たちの永遠のヒーローですね。
senna-1994-5-1.jpg


人気blogランキングへ
mokkun.gif


09:49  |  アイルトン・セナ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.05.01 (Tue)

アイルトン・セナが天に召された日。

◆1994年5月1日。

◆第3戦 サンマリノGP

◆エンツォ・エ・ディノ・

     フェラーリ・サーキット。

◆7周目。



14:17 タンブレロコーナーに激突
15:00頃 ヘリコプターによりボローニャのマジョーレ病院に到着
15:10 脈が再開
15:50 担当医マリア・テレサ・フィランドリ女医が会見し、手術の可能性を否定
17:00 医師団による記者会見でレントゲン結果報告があり、脳死を確認
18:15 病院の司祭アメデオ・ズッフォがセナの病室へ
18:40 フィランドリ女医がセナの心臓停止確認
19:45 アイルトン・セナ死亡
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
アイルトン・セナが死んだ。このニュースは当初、
誰も信じることができなかったに違いない。セナは確かに極限ギリギリのコーナーワークを見せ、
常に死と隣り合わせのドライブをしていた。しかし、それを可能とする強い精神力と常識を越えた
テクニックを持ち合わせていたことは誰もが認めるところであろう。このことがいつしか私たちに
「セナにかぎってレースでは死なない」という虚像をつくりあげた。

この事故の原因はいまだに解明されていない。しかし、彼のドライビング・ミスによって
引き起こされたものではなく、何らかの外部的な要因が原因であると信じたい。

今回は、Ayrton Senna da Silva Memorial Museumさんより引用させて頂きました。
同じサイトで、興味深いデータがありましたので追記に掲載させていただきます。
00:00  |  アイルトン・セナ  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。